イベント EVENTS

「真田丸」の時代の数年後に
建てられた建造物も公開!

大阪城の(やぐら) 
内部特別公開

重要文化財 多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵

公開期間 平成28年1月9日(土)〜6月5日(日)公開期間 平成28年1月9日(土)〜6月5日(日)

日本の城の最高峰
~大坂城の魅力に迫る!

「大坂の陣」の後、徳川幕府による大坂城再築工事によって建てられた数々の櫓と蔵。
城内の要所に位置し、監視や防御、武器庫にも使われた施設の一部を特別に公開します。

大阪城の櫓 重要文化財 内部特別公開大阪城の櫓 重要文化財 内部特別公開
平成29年公開期間
■土日祝限定公開
3月18日(土)~11月26日(日)
※ただし春・夏休みの下記の期間中は連日公開
春 3月25日(土)~4月 9日(日) (定休なし)
夏 7月22日(土)~8月31日(木) (月曜定休)
公開時間
10:00~16:30(最終入場16:00)
※チケット販売終了15:30
定休日
夏の公開:月曜定休
入場料金
天守閣セット券  大人(高校生以上) 1200円
櫓入場券 大人(高校生以上) 700円
  小人(中学生以下) 300円
団体割引
(30名以上)
大人(高校生以上)
 
600円
 
 

※未就学児:無料   
※上記料金で公開する全ての櫓と蔵をご覧いただけます。
※櫓特別公開の入場券をお持ちの方は、西の丸庭園に無料でご入場いただけます。
※料金は税込みです。

大手門の上など普段は見られない貴重な建物の内部に入れる!大手門の上など普段は見られない貴重な建物の内部に入れる!

「大坂の陣」直後の古建造物や総石造りの火薬庫など見所多数!「大坂の陣」直後の古建造物や総石造りの火薬庫など見所多数!

「足軽」に扮装したスタッフも出現!銃眼から火縄銃を構えてみよう!「足軽」に扮装したスタッフも出現!銃眼から火縄銃を構えてみよう!




見どころ

大手口多聞櫓(おおてぐち たもんやぐら)
  • 1628年ごろ創建
  • 落雷で焼失し1848年再建
  • 面積 710㎡余り
  • 高さ 14.7m
大手口多聞櫓(おおてぐち たもんやぐら)
渡櫓、続櫓

大手門を越えて侵入した敵を迎え撃つ役割を果たす櫓です。
下に大門を構える「渡櫓(わたりやぐら)」と、南北に長い「続櫓(つづきやぐら)」がL字に連なっています。

武者走り(廊下)

武者走り(廊下)

武者走り

武者走り(廊下)

「続櫓」は、西に「武者走り」と言われる廊下、東に6つの小部屋があり、鉄砲で敵を狙う「銃眼」を備えた笠石が17も並んでいます。

槍落とし

槍落とし

槍落とし

「渡櫓」には、櫓門を通る敵に上から槍を落して攻撃する「槍落とし」の装置が備えられています。

千貫櫓(せんがんやぐら)
  • 1620年 創建
  • 面積 1階217㎡ 2階163㎡
  • 高さ 13.5m
焔硝蔵(えんしょうぐら)
隅櫓隅櫓

大手門を北から防御する重要な役割を果たした二階建ての「隅櫓(すみやぐら)」です。
大阪城内に現存するもっとも古い建物のひとつです。

大手口を望む

大手口を望む

石落とし

石落とし

石山本願寺を攻めた信長軍がこの付近にあった櫓を攻めあぐね、「千貫文出しても奪いたい」と言われたことに由来します。

足軽くん槍落とし

火縄銃を構えて「銃眼」から大手口を狙ってみる体験ができます。

焔硝蔵(えんしょうぐら)
  • 1685年 築造
  • 面積 172㎡
  • 高さ 5.4m
焔硝蔵(えんしょうぐら)
焔硝

「焔硝」とは、黒色火薬のこと。
つまり、この蔵は「火薬庫」です。
大爆発を起こすなど、火薬の管理に悩まされていた徳川幕府が建てた、堅牢な石造りの倉庫です。

花崗岩花崗岩

床・壁・天井・梁のすべてを花崗岩とし、
石壁の厚さは約2.4m。
耐火性、耐久性、防水性に優れています。

渡櫓

焔硝蔵は各地の大名の城にもありましたが、こうした構造の焔硝蔵で、江戸時代のまま残っているのは、この一棟のみです。

アクセス

〈地下鉄〉
【谷町線】「谷町四丁目駅」1-B号出口、「天満橋駅」3号出口
【中央線】「谷町四丁目駅」9号出口

地図地図

お問い合わせ

大阪城パークセンター TEL:06-6755-4146